未分類

写真を現像してフォトブックにする

2018.03.13
/ / /
Comments Closed

フォトブックに写真をアップロードしたあとは、スマホに残っている写真データは削除して構いません。ただ今はSDカードは安いので、そのままSDカードに保存しても良いでしょう。フォトブックはシーンやイベントごとにいくつも作成できます。作成したフォトブックを写真にして現像したいときは、アプリから注文すれば発注できます。現像するのは有料となりますが、フォトブックサービスによっては、初回無料、その月に1回目は無料などとサービスしていることもあります。

サイズ発注する前には、写真のできあがりをプレビューして見ることもでき、どのような仕上がりになるのか確認できます。プレビューを確認し、問題なければ、そのまま発注しましょう。発注から2週間程度で、自宅に現像された写真が届きます。フォトブックサービスによっては、写真を文庫サイズにするか、A5サイズにするかなど、サイズを決められます。

ちなみに簡単に利用するならスマホからフォトブックを使うのが良いですが、フォトブックのwebサービスもあり、パソコンからも利用できます。パソコンからの利用であれば、写真を現像してフォトブックにするときに、1ページに写真を2枚配置するなど、より細かく指定してフォトブックとして写真を現像できます。

フォトブック

2018.03.09
/ / /
Comments Closed

フォトブックサービスは、web上に自分で撮影したデジタル写真を保存できます。多くのサービスでは、スマホと連携しており、そのほかにもパソコンと連携していることも多く、デジカメと連携してるサービスはあまりありません。まずは自分の使っているウェブアルバムと連携のあるフォトブックアプリを探してみましょう。

スマホフォトブックアプリによっては、自動配置や自動編集機能があります。時系列順に写真を自動的に並べてくれるサービスとなっており、便利ですが、こだわりをもって写真を編集したい人には不向きです。またそれぞれのサービスで、最大何枚まで保存できるかも違うので、事前に最大保存枚数を調べておくと良いでしょう。

フォトブックの使い方は、アプリをダウンロードしインストールします。アプリを起動し、スマホにある好きな写真を選択し、アップロードするだけで自動的にフォトブックに保存されます。もしも上手くアップロードできないときは、パソコンにスマホのSDカードを接続し、パソコンからアップロードすると上手くできるでしょう。スマホでもパソコンでも、アップロードした写真には、コメントを付けることができます。フォトブックが完成したら、いつでもフォトブックを見れば、保存されている写真の画像を見られます。

ネットワークプリントでフォトブックを作る

2018.03.05
/ / /
Comments Closed

昔と違い今はデジカメやスマホなど、高画質に撮影できる機材があり、簡単に写真撮影をすることができます。そのために、子どものいる家庭であれば、子どもの成長記録やイベント撮影など、スマホなどで写真撮影する機会も多いでしょう。しかし写真の枚数が多くなると、整理するのも大変になり、SDカードに保存しておくと、SDカード自体を紛失する、またはデータが消失する危険があります。

フォトブックそこでおすすめなのが、フォトブックを使用し撮影した写真を整理し、ネットワークプリントサービスを使い、写真を現像してもらう方法です。これらのサービスを使用すれば、自宅にプリンターが無くても、撮影した写真を現像することができ、手間と時間を削減できます。また、フォトブックにしておけば、いつでも好きなときに、お気に入りの写真を見ることもできます。

自分でプリントすれば1日がかりになることもあり、せっかくプリントしても、綺麗に仕上がらないということもあり、さらにはプリンターの設定に一苦労して、労力ばかり使うということもあり、疲れます。ネットワークプリントであれば、現像したい写真を選ぶだけで、綺麗な写真としてできあがります。フォトブックアプリはいくつもありますが、どれも初心者でも使えるような簡単な操作になっており、難しい知識も必要ありません。実際にスマホで撮影した画像を写真にするならば、フォトブックアプリのネットワークプリント機能を使い有料とはなりますが、それほど値段は高くはありません。